ラベンダー翡翠とは

翡翠(ひすい)の原石の魅力!

ラベンダー翡翠とは

.

ラベンダー翡翠の魅力

翡翠

翡翠といえば緑色、という印象が強いですが、翡翠には緑色の他に、桃色や青、黒、黄色、橙、半透明、そしてラベンダーと約15色の色があるといわれています。その中でもラベンダー色をしたラベンダー翡翠は上品で緑色の翡翠に負けないくらいの人気があります。淡い藤色にグレーがかったラベンダー翡翠は、その艶やかさと気品あふれるしなやかさが備わり、誰もがうっとりするような美しい石です。その微妙な色合いは日本人の肌にも合い、あなたをより美しく装ってくれるでしょう。シルバーとの相性も抜群でネックレスや指輪、ブレスレットと様々なアクセサリーに使われ、人気を呼んでいます。


ページのトップへ ▲

なぜラベンダー翡翠ができる?

鉄

なぜラベンダー翡翠はラベンダー色になるのでしょうか?純粋な翡翠はもともと白色をしていますが、他の輝石や不純物が混ざるとその色のせいで様々な色合いになるのです。ラベンダー翡翠も鉄やチタンの含有でラベンダー色になります。日本でとれるラベンダー翡翠には酸化チタンが含まれ、青みがかったラベンダー翡翠ができあがります。ミャンマーでとれるラベンダー翡翠には、鉄が含まれ、ラベンダー色になるといわれています。また、水晶では、チタンはローズクォーツの発色原因といわれています。このように含まれる元素によって石の色は変わります。例えばベリル(緑柱石)という鉱物に鉄が含まれるとアクアマリンに、クロムが含まれるとエメラルドに、マンガンが影響するとモルガナイトになります。


ページのトップへ ▲

ラベンダー翡翠に含まれる元素の力

パワーストーン

クロムや鉄、炭素といった元素からパワーストーンは成り立っています。それぞれの元素にも意味があり、それぞれの持つ特性にヒーリング効果があるとされています。ラベンダー翡翠に含まれるチタンには、活力や拡張のパワーを与え、守ってくれるという意味を持ちます。ギリシャ神話のタイタンから命名されたといわれています。また、ラベンダー翡翠に含まれる鉄は闘争心や意欲、目標に向かって立ち向かう精神を与えてくれるといわれ、生きるためのパワーを授けてくれる元素といわれています。軟玉に含まれるマグネシウムは血液の流れを良くするパワーを秘め、霊的な波動を高める働きがあるとされている元素です。


ページのトップへ ▲

開運風水的パワーストーン

| ホーム | 翡翠(翡翠石)とは | パワーストーン翡翠の意味とは | なぜ人気が集まるの? | 普通の翡翠との違い | 原石はどこでとれる? | 翡翠の見分け方 | 糸魚川の翡翠とは | 有名な糸魚川ってどんな所? | 翡翠のアクセサリーとその効果 | 翡翠の勾玉とその効果 | 翡翠のバングルとその効果 | 翡翠のブレスレットとその効果 | 本翡翠リングの魅力とその効果 | 翡翠の指輪とその効果 | 翡翠のピアスとその効果 | 翡翠ネックレスとその効果 | 翡翠のペンダントとその効果 | ラベンダー翡翠とは | ミャンマーの翡翠とは | 中華料理の翡翠麺って何? |

Copyright (C) 翡翠(ひすい)の原石の魅力! All Rights Reserved.