翡翠の原石はどこでとれる?

翡翠(ひすい)の原石の魅力!

翡翠の原石はどこでとれる?

.

数少ない翡翠の産地はどこ?

数少ない翡翠の産地はどこ?

翡翠の原石はどこでもとれるというものではありません。翡翠の原石がとれる場所は限られていて、どこでとれるかというと現在は世界の中でも1番多く翡翠の原石がとれるのはミャンマーです。日本で売られている翡翠も主にミャンマーでとられたものです。日本の糸魚川は2番目に翡翠の原石がとれる地域ですが、現在は良質のものはわずかしかとれないようです。他にはどこでとれるのでしょう?アメリカ、ロシア、グァテマラなどで翡翠の原石はとれます。これらの地域は主に硬玉がとれる地域です。中国やニュージーランドにおいてとれるとされているのは軟玉です。日本においても、翡翠の原石はどこでとれるかというと糸魚川が有名ですが、他にも北陸の海岸や富山県の翡翠海岸、鳥取県、静岡県、兵庫県などでもとれるといわれています。


ページのトップへ ▲

翡翠の原石はミャンマーのどこでとれる?

川

翡翠がとれる国として有名なミャンマー。では、ミャンマーのどこで翡翠の原石はとれるのでしょうか?翡翠の原石がとれるのはミャンマーのカチン高原というところが有名です。ミャンマーの北部にカチン族という少数民族が住んでいます。ここでとれた翡翠の原石はマンダレーに集められ研磨されます。ミャンマーは仏教の国。信仰深い民族で仏塔と森と湖と川の流れる自然の美しい穏やかな国です。翡翠の原石は侵食によって削られた岩石が川底に沈んだ中からとれるといいます。翡翠の原石がある川は泥川で、雨季には近づくことができないため、翡翠の原石は乾季の間に採集されるようです。


ページのトップへ ▲

翡翠の原石がとれるグァテマラってどこ?

湖

日本ではグァテマラにおいて翡翠の原石がとれるということはあまり知られていないかもしれません。グァテマラも数少ない翡翠の原石がとれる産地の一つ。翡翠の原石がとれるのは、グァテマラのモタグア渓谷というところです。では、グァテマラとはどこにあるでしょうか?中米の国グァテマラは太平洋とカリブ海に面していて、北にメキシコ、南東にホンジュラスとエルサルバドル、北東にベリーズが面しています。グァテマラは山地からできた地域で、トリマン火山の麓には、世界一美しいといわれるアティトラン湖が有名です。メキシコやグァテマラを中心に栄えたオルメカ・マヤ・アステカ文化においては翡翠が宗教的に使用されていたことが分かっています。


ページのトップへ ▲

開運風水的パワーストーン

| ホーム | 翡翠(翡翠石)とは | パワーストーン翡翠の意味とは | なぜ人気が集まるの? | 普通の翡翠との違い | 原石はどこでとれる? | 翡翠の見分け方 | 糸魚川の翡翠とは | 有名な糸魚川ってどんな所? | 翡翠のアクセサリーとその効果 | 翡翠の勾玉とその効果 | 翡翠のバングルとその効果 | 翡翠のブレスレットとその効果 | 本翡翠リングの魅力とその効果 | 翡翠の指輪とその効果 | 翡翠のピアスとその効果 | 翡翠ネックレスとその効果 | 翡翠のペンダントとその効果 | ラベンダー翡翠とは | ミャンマーの翡翠とは | 中華料理の翡翠麺って何? |

Copyright (C) 翡翠(ひすい)の原石の魅力! All Rights Reserved.