翡翠のバングルとその効果

翡翠(ひすい)の原石の魅力!

翡翠のバングルとその効果

.

バングルのおしゃれ効果

バングル

特に夏になると流行するバングル。バングルとは、インドやアフリカなどの女性がよく身につけているアクセサリーのことです。本来はブレスレットやネックレスについているタレ飾りのことをいいます。日本ではブレスレットと同じようなアクセサリーとして人気を集めています。細い輪で、留め金のないブレスレットのようなバングルは腕につけるアクセサリーとしてシンプルでおしゃれ、そして機能的です。腕にぴったりとつける太めのものは大人っぽさを出すのに効果的、細い輪を数本つける種類のバングルは、エキゾチックな雰囲気をかもし出すのに効果的です。バングルはさりげないおしゃれをするのに効果的なアクセサリーです。


ページのトップへ ▲

翡翠のバングルの持つ効果

価格

翡翠をはじめ、めのうやガーネット、アメジストなどの宝石を使ったバングルもたくさんあります。中でも翡翠のバングルは、魔除けとして効果があるものとして古くから愛用されてきたものです。翡翠は災難や邪悪なものから身を守り、運気をもたらしてくれる効果のある石です。それをバングルにして腕につけていると、様々な悪い気を避け、良い運気をもたらしてくれるといわれています。翡翠の持つさわやかな緑色のバングルは美しく、見ているだけでも心がすっきりとし、和ませてくれる効果もあります。価格は1万円以内のものから数万円、それ以上のものまで様々ですが、一般的には翡翠のバングルは翡翠の特徴である緑色の鮮やかなものは高い金額になります。


ページのトップへ ▲

翡翠のバングルはどこにつけると効果的?

身につける

翡翠の持つエネルギーを最大限に発揮させたいなら、1番効果的なのは身につけること。翡翠をバングルとして身につけることは、翡翠の持つエネルギーを効果的に授かることができ、開運につながるということです。さらに、体のどこに翡翠のバングルをつけると効果的かというと、体の左側はエネルギーを受け取りやすいといわれています。体の左側に翡翠のバングルをつけることで、翡翠のパワーを効果的に受け取ることができます。また、左側につけることで、外からの悪い気をコントロールできる、ともいわれています。また、古代の戦士たちは上腕部に腕輪をつけ、自分の地位や強さ、勇気を示したといわれています。


ページのトップへ ▲

開運風水的パワーストーン

| ホーム | 翡翠(翡翠石)とは | パワーストーン翡翠の意味とは | なぜ人気が集まるの? | 普通の翡翠との違い | 原石はどこでとれる? | 翡翠の見分け方 | 糸魚川の翡翠とは | 有名な糸魚川ってどんな所? | 翡翠のアクセサリーとその効果 | 翡翠の勾玉とその効果 | 翡翠のバングルとその効果 | 翡翠のブレスレットとその効果 | 本翡翠リングの魅力とその効果 | 翡翠の指輪とその効果 | 翡翠のピアスとその効果 | 翡翠ネックレスとその効果 | 翡翠のペンダントとその効果 | ラベンダー翡翠とは | ミャンマーの翡翠とは | 中華料理の翡翠麺って何? |

Copyright (C) 翡翠(ひすい)の原石の魅力! All Rights Reserved.